Mujin Programming Challenge 2017

Mujin Programming Challenge 2017



Share on Facebook
Share on LinkedIn





配点を変更しましたので注意ください!詳細は本ページの下の「配点」を確認ください。NOTE:Point Values given by solving problems has changed! Please scroll down to check the details.



コンテスト開始まであと(JST)Contest Starts in (JST GMT+9)

Days

時間Hours

Minutes

Seconds



概要Introduction

MUJIN Programming Challenge 2017
2017年2月25日(土) 21時~23時(日本時間)
このコンテストは、株式会社MUJINが主催する個人戦のオンラインプログラミングコンテストです。
学生・社会人・年齢・所属等を問わず、どなたでも参加することができます。こちらから事前登録ください。
2016年のコンテストには、7カ国から約630名の参加がありました。 前回の問題 前回の順位
Mujin Programming Challenge 2017
Time
Saturday 9PM - 11PM (Japan Standard Time, GMT+9), February 25th, 2017
Please click here for pre-registration!

Eligibility
Whether you are a student or not, anyone is welcome to participate!

Language
The problems will be in both English and Japanese.

History
630 coders from 7 countries participated in Mujin Programming Challenge 2016.
Problems from 2016
Standings from 2016

賞金 Prizes

1位には2,000米ドル、1位から30位まで賞金をご用意しています。また上位者で弊社での仕事に興味がある方は、弊社のエンジニアと面談いただけます。 There are cash prizes for top participants. In addition, we offer on-site interviews for internships and full-time opportunities in Tokyo!

1位1st place
2,000米ドルUS $2,000
2位2nd place
700米ドルUS $700
3位3rd place
500米ドルUS $500
4位~10位4th - 10th place
300米ドルUS $300
11位~20位11th - 20th place
200米ドルUS $200
21位~30位21st - 30th place
100米ドルUS $100

ドルから円への換算は、1米ドル=110円とします。

また、今回は賞金受領者でなくても、200位までの方を、以下の内容のMUJIN紹介ツアーに招待させていただきます(参加は任意です)。

合計1時間
MUJIN役員より(約15分)
・MUJINの世界一の技術とその優位性とは
・MUJINの急成長と、財務的安定について

MUJINのコアエンジニアより(約15分)
・MUJINのコア技術について(動作計画技術、三次元画像認識技術、並列分散処理技術、全体の自動復旧システムの融合など)
・なぜプログラミングコンテストを開催するのか、ACM-ICPCのスポンサーをやるのか
・Q&A

実際にMUJINの製品で動作する複数の産業用ロボットを見ていただく社内ツアー(約15分)

ルール Rules

解答の詳細はAtCoderに準じます。問題数は4問です。
コンテストのルールはこちらを参照してください。
AtCoder's Rules apply. There will be 4 problems.

配点 Point Values

Task Score
A 900 (500)
B 1300 (300)
C 1300
D 1800


MUJINについて About Mujin

MUJINは、高度なソフトウェア技術を武器に、産業用ロボットを知能化し、産業の生産性向上や人手不足等の社会的課題の解決に貢献しています。 We are a robotics company based in Tokyo working very hard to fundamentally change manufacturing and logistics.

産業用ロボットを「自律的に動かす」ための、ロボットの「頭脳」と「目」にあたる次世代のロボットコントローラ(ソフトウェアです)の開発に特化している会社です。またこのコントローラを活用した生産工程の自動化を行っています。この自律的にロボットを動作する技術により、従来のロボットの動作方法(人がロボットに動き方を教示する方法)では難しかった自動化を次々に実現しており、この実績が評価され、2016年に、大企業以外で/ソフトウェア製品として史上初めて、ロボット大賞の最高位の賞である「経済産業大臣賞」を受賞しました。

◆急成長するMUJINの売上と世界の産業用ロボット市場◆
産業用ロボットシステムの市場は、2020年に2014年比で約2.5倍に拡大することが予測されています。
2014年の市場規模:約3.9兆円 → 2020年:約10兆円市場へ。
MUJINの売上も毎年倍以上伸び続けています。会社も市場も急成長中するなかで、MUJINには貴方が活躍できる場所がたくさんあります。

◆各領域の世界レベルのエンジニアが集まるチーム◆
MUJINは、創業時から特にエンジニアについて世界から厳選採用を続けています。優秀なエンジニアは、並のエンジニアの数十倍の生産性があると言われています。自由と裁量がある環境で、実力があり成果を出すエンジニア、また、向上心があり素直な心持ちがあるエンジニアを世界から採用しています。
MUJINは、ロボット界隈では圧倒的なソフトウェア技術力をもつことで知られているため、シリコンバレーなどの世界を相手に仕事をするためのステップにできるでしょう。また、MUJINには、常に過去に前例がない生産工程のロボット化の案件があり、非常にエキサイティングな環境です。最新のソフトウェア技術とアルゴリズムで現実世界の問題をロボットによって解決したければ、 高い技術力だけでなく、確かなビジネスプランとビジョンを持っているMUJINで、各領域の世界レベルのエンジニアと一緒に、仕事をしましょう。

採用に学歴や職歴は関係ありませんが、参考までにMUJINの社員の経歴は以下のとおりです。
社員出身校 ・・・ CMU, MIT, スタンフォード, バークレー, Ecole Normale Superieure, 東京大学, 京都大学, 北京大学, 南洋理工大学, RISD, 清華大学他
社員の前職 ・・・ Microsoft, Qualcomm, Oracle, Iscar, Canon, Honda, Samsung, WillowGarage, AIST他 →日本人以外のほとんどの社員は、MUJINに転職するためにこれらの会社を辞め日本に移住しました。
その他の経歴:ACM-ICPC南東欧州地区銀メダル、MicrosoftImaginCup受賞者他

MUJINでは、通年でインターンシップや社員採用を行っています。インターンシップ・社員ともに募集要項はこちらを確認ください。
質問などがありましたら、job@mujin.co.jpまで気軽にご連絡ください。
Right now industrial robots have very advanced hardware that is often not used to full potential. What we currently call "automation" is really robots playing back motions that take a group of engineers months to design. Our team knows how to apply the state-of-the-art in robotics to make manufacturing and logistics truly autonomous.

Our team consists of world-class experts in robotics, software engineering, and manufacturing. We have alumni from top academic institutes such as CMU, MIT, Stanford, Berkeley, Ecole Normale Superieure, HKUST, the University of Tokyo, Peking University, and Tsinghua University, as well as global enterprises such as Microsoft, Qualcomm, Iscar, Honda, Samsung, and Canon. Since day one we have been iterating our products with real customers: we have revenue coming from most of the top ten Japanese manufacturers such as Canon, Honda, Nissan and Toyota, and we are partner with most of the Japanese robot makers such as Denso, Mitsubishi, Nachi, Yaskawa and Kawasaki.

With an elite team and a clear focus, Mujin is proud to be one of the first companies to deploy advanced real-time automation technologies in production. Our work is highly regarded in Japan and our autonomous real-time 3D picking system product PickWorker has won the 7th biennial Robot Award given by the Ministry of Economy, Trade and Industry. It is the most prestigious award in robotics and the first time such award is given to a start-up company.

採用カタログをダウンロード Download 2017 Mujin Recruiting Brochure to learn more about working at Mujin!




MUJINによるAskul物流センター(横浜)での世界で初めてのピッキング工程の自動化 Below is one of the PickWorkers we deployed at one of the biggest Japanese e-commerce companies' warehouse:



MUJINコントローラによる自動車鍛造部品のばら積みピッキング Here's a another video demonstrating our PickWorker handling materials in manufacturing setting:



Want to join us on this exciting journey to revolutionize automation? Please contact us to learn more about career opportunities at Mujin! Email us anytime at job@mujin.co.jp or fill out the form at the end of Mujin's jobs page.